5. 大会で発表をされる方へ

~ ポスター発表をされる方 ~

_ポスターの掲示は、初日は8:30から18:30、2日目は8:30から18:30、3日目は8:30から15:00まで可能です。掲示期間を是非フルに利用して、活発な議論の場としてご活用下さい。ポスターは、初日は18:30、2日目は18:15、3日目は15:00を過ぎましたら、直ちに撤去をお願いします。ポスター発表のコアタイムは以下の通りです。

コアタイム
10月25日(水)  17:00 ~ 18:30
10月26日(木)  16:45 ~ 18:15
10月27日(金)  10:30 ~ 12:00
※特別セッションのポスターのみ三日間掲示可能です。

_ポスター板の大きさは、横幅90cm、高さ210cmです。ポスターを留める画鋲は会場に用意します。

~ 口頭発表をされる方 ~

_口頭発表は1件15分(講演時間12分・質疑応答3分)です。各口頭発表会場には、パソコン画面を投影するプロジェクタ1台を用意します。スライド、オーバーヘッドプロジェクター(OHP)は使用できません。
プロジェクタにはD_sub15ピンのディスプレイ出力端子を備えたパソコン(PC)が接続可能です。会場に備え付けのPCはありませんので、発表をされる方はノートPCをご持参ください。小型や薄型のPCなどでは特別なアダプタが必要となる場合が多くありますのでご注意下さい。適切な出力端子の無いPCは使用できません。

~ 学生で発表をされる方 ~

_日本地震学会では学生による優れた研究発表を奨励し、研究発表技術の向上を目指すために学生優秀発表賞を設けています。「日本地震学会秋季大会において発表者として研究発表を行い、かつ審査対象となることを希望した学生正会員」で、今年度の学生会費適用申請書を予稿採択時点で日本地震学会事務局に提出されている方が対象になります。口頭発表、ポスター発表のいずれも対象になります。ただし、昨年度以前に同賞を受賞した学生は今年度の授賞対象外となります。

選考基準ガイドラインなどの詳細は,こちらをご覧ください。