大会プログラム・セッション情報

開催セッション

【一般セッション】

(S01)地震の理論・解析法
(S02)地震計測・処理システム
(S03)地殻変動・GNSS・重力
(S04)テクトニクス
(S05)地球熱学
(S06)地殻構造
(S07)地球及び惑星の深部構造と物性
(S08)地震発生の物理
(S09)地震活動
(S10)活断層・歴史地震
(S11)地震に伴う諸現象
(S12)岩石実験・地殻応力
(S13)地球化学・地下水
(S14)地震予知・予測
(S15)強震動・地震災害
(S16)地盤構造・地盤震動
(S17)津波
(S18)地震教育・地震学史
(S19)地震一般・その他
(S20)学会各賞受賞講演会

【特別セッション】

(S21)大地震の発生予測と災害軽減に向けて[コンビーナ:加藤愛太郎・堀高峰・宍倉正展]
近年,リアルタイムデータを用いた地殻活動のトラッキング技術の進展や地震発生予測の数理モデルの高度化が進むとともに,史料・考古・地質データの蓄積により地震発生履歴に関する新たな知見も得られつつある.本特別セッションでは,超巨大地震・巨大地震を含む大地震の発生予測に関する基礎的研究及び予測の実現に向けた実験的研究,ハザード予測研究,災害軽減に結びつく予測情報の活用方法に関する研究等,最先端の研究成果に基づく学際的なアプローチによるサイエンスプランの提案と議論を行う.

(S22)九州中部のサイスモテクトニクス研究と地震ハザード評価への展開:別府-万年山断層帯と布田川-日奈久断層帯の調査から見えたこと[コンビーナ:竹村恵二・清水洋・吉見雅行]
本特別セッションでは,別府-万年山断層帯の重点的調査観測や布田川-日奈久断層帯の総合調査,2016年熊本地震の調査等によって得られた,活断層,地震活動,地殻構造,応力場,断層運動,地震動,ハザード評価等に関する新たな知見を総合し,九州中部および類似する地域のサイスモテクトニクス研究と地震ハザード評価への展開についての議論を行う.

セッション日程とプログラム

セッション日程は8月下旬に本ページにて公開予定です.
プログラムは9月下旬に本ページにて公開予定です.
予稿集は10月上旬に本ページにて公開予定です(閲覧にはパスワードが必要です).

 

学会各賞受賞記念講演

「地震学会賞」,「若手学術奨励賞」の受賞者による受賞記念講演を予定しています.詳細は大会プログラムとともにご案内します.